支払いフロー

以下FastPayにおける支払いのフローとなります。

  1. 販売ページの決済ボタンを表示したい場所にFastPay.jsのコードを貼り付けます。
  2. ユーザーがお支払い情報を入力し「お支払い」ボタンをクリックするとトークン情報が販売者様のページに渡ります。
  3. そのトークンを使って新規決済の作成APIをcallします。
  4. この時点でDashboard上の「Payments」決済履歴ページに決済情報が表示されます。その後決済の確定APIをcallするか、Dashboard上で確定処理を行うことで決済が確定します。
  5. 入金予定日に決済手数料が差し引かれた決済金額が販売者様の口座に入金されます。


支払いボタンクリック時の挙動を販売者様に選択いただけるよう2種類用意しました。用途に合わせてご利用ください。

※JCB、Dinersのご利用には、Yahoo! ウォレットへの登録が必要です。

販売者様の元のページを表示したまま、別のウィンドウを表示しそのページにてお支払いが実行できます。
有料コンテンツ等を販売されていて、元のページを残したまま決済したい場合などにご利用をおすすめいたします。

お支払いのボタンを押した後、同一ウィンドウ上でYahoo!ウォレット FastPayの決済情報入力ページに遷移いたします。
クレジットカード情報を入力しているページがYahoo! JAPANであることが分かりやすい機能です。


(過去ドキュメントはこちら

※ Yahoo!ウォレット FastPayは2014年6月25日より、Yahoo!ウォレットに登録されているクレジットカード情報を利用した機能を追加いたしました。これによりお客様がカード情報を入力する手間が省けるようになります。

※こちらの機能ではJCB、Diners、American Expressカードはご利用いただけませんので最新版をご利用ください。